2019年 5月 20日
このたび弊社ではエポックディープラジアスエボリューションハード-TH3「EPDREH-TH3」を発売致します。
【 写真 】 エポックディープラジアスエボリューションハード-TH3「EPDREH-TH3」

1.エポックディープラジアスエボリューションハードTH3(EPDREH-TH3)開発にあたって

金型の高機能化・高性能化に伴い、金型材料は高硬度で難削化が進んでいます。また、精密金型で求められる精度は厳しさを増し、お客様の高精度加工の要望は高まっております。
高硬度鋼の加工では工具摩耗が激しく、工具寿命が短い、ワークの削り残り量が多い、などの課題が存在します。2017年に当社ではエポックディープボールエボリューションハードTH3(EPDBEH-TH3)を発売し、お客様にご好評をいただいておりますが、高硬度金型の加工をトータルで考えるとラジアスエンドミルの必要性は高く、多くのお客様よりラジアスエンドミルのリクエストをいただいておりました。
エポックディープラジアスエボリューションハードTH3(EPDREH-TH3)はTH3コーティングの採用と高硬度鋼加工を追求した工具設計により、長寿命で削り残し量の少ない高精度な加工を可能にします。

2.製品の特長とメリット

EPDREH-TH3の特長とメリットは下記の通りです。
  1. ボールエンドミルと同様に工具中心基準でコーナRの精度を保証しました。 工具中心基準でコーナRの精度を保証したことで従来のラジアスエンドミルより工具精度のばらつきが少なく高精度な加工が可能です。
  2. 特に首下長を短くし(L/D=8以下)、 高硬度鋼加工に特化した工具構成でラインナップしました。
  3. コーナ部の欠け防止に効果がある、R0.02をラインナップしています。 スクエアに比べて工具のコーナ部の欠けを低減します。
  4. 「TH3コーティング」を採用し、高硬度鋼の加工において優れた耐摩耗性を発揮します。

3.推奨できる加工用途

  • 精密プラスチック金型、鍛造・パンチングダイなど高硬度鋼直彫り
  • 金型の立壁や3次元形状の仕上げ加工、金型の隅Rの仕上げ加工

4.仕様

φ0.2~φ1.0 (全53アイテム)
(コーナR0.02~R0.2)
※別紙参照

5.価格(税抜)

¥5,170~¥10,100(消費税別)

6.発売日

2019年 5月20日

お問合わせ先

三菱日立ツール株式会社 営業企画部
(03)6890-5102

ラインナップ