2018年 10月 30日
弊社は、金型加工ユーザーに対する技術サポート強化を目的に、千葉県成田市の成田工場内に「グローバルソリューションセンター 東部ステーション新建屋」をオープンいたします。10月23日に開所式を行い、11月1日より稼働いたします。
GSC東部ステーション外観
三菱日立ツールはお客様の夢の一歩先を走り続け、未知の領域にも果敢に挑戦し金型業界に更なる「加工イノベーション」をもたらす決意を込め2017年5月に新ブランド「MOLDINO」をスタートしました。

金型業界では、近年の活況な市場環境により年々金型生産台数が増加傾向にあり、金型加工時間の短縮による生産性改善やコスト削減への要求が非常に高くなってきております。
また自動車の電動化に伴い、新たな高精度部品の要求や軽量化のために部材変更などが発生しており、金型加工においても高精度化や難削化など新たな技術課題にチャレンジしていかなければなりません。このような新たなる課題に対し、当社では切削工具だけでなく、加工方法を含めたトータルソリューションを提供して参ります。

ソリューション提案の拠点として、滋賀県野洲市の野洲工場内に西部ステーションを、千葉県成田市の成田工場内に東部ステーションを設置しております。
今後の金型業界へ求められる新たな課題に対し、東部ステーションに新建屋をオープンし加工検証機能の充実を図り、成田という地の利を活かして国内だけでなく海外のお客様へのより細やかなソリューション提案実現を目指します。
東部ステーション新建屋では,新たに大型の5軸マシニングセンターや高精度マシニングセンターなど、金型加工ユーザーで多く導入されている3機種を導入し、計7台のマシニングセンターを用いて様々な加工用途に対応いたします。また周辺機器として高精度ツールプリセッターや各種分析・測定機器をそろえ、マクロからミクロの世界を通して現象の解析及びソリューション検討を可能といたします。

グローバルソリューションセンターはMOLDINOブランドのもと、「お客様の課題に真摯に向き合い、お客様と私たちの笑顔のために未知の領域にも果敢に挑戦し続け、共に成長するかけがえのないパートナーをめざす」というビジョンを掲げ、それを実現すべく、多くの金型加工に関連する方々が集い、新しい課題に挑戦し続ける金型総合技術ステーションを目指します。

新建屋概要

  1. 拠点名
    グローバルソリューションセンター 東部ステーション
  2. 所 在 地
    〒286-0825 千葉県成田市新泉13-2
    三菱日立ツール株式会社 成田工場内
    TEL:0476-36-2111 FAX:0476-36-1440
  3. 事業内容
    加工提案,切削試験,ミクロ分析,教育研修
  4. 人員
    15名
  5. 保有設備
    5軸マシニングセンター:1台
    縦型マシニングセンター:5台
    複合加工機 :1台
    ツールプリセッター、マイクロスコープ、3次元プリンタ、
    電子顕微鏡、電子線マイクロアナライザー、各種測定器

本件に関するお問い合わせ

三菱日立ツール株式会社
事業戦略本部 営業企画部
03-6890-5102 03-6890-5134