2017年 9月 20日
このたび弊社では高能率仕上げ用6枚刃ボールエンドミル「EPHB-PN形」を発売致します。
【 写真 】 高能率仕上げ用6枚刃ボールエンドミル「EPHB-PN形」

高能率仕上げ用6枚刃ボールエンドミル
EPHB-PN

1.開発の主旨

昨今の金型市場においては高精度な加工を高能率に行ないたいとのニーズが増えています。機械メーカーはそれらのニーズに対し、多軸加工機で高送り加工に対応したマシニングセンターを開発してきています。しかし、ユーザーニーズに対応するには、マシニングセンターだけでなく切削工具やCAD/CAMなど周辺技術も追従して行く必要があります。
本製品はボールエンドミルのR刃を6枚にすることで、切込みの小さな中仕上げ・仕上げ加工で送り速度20m/min以上の高送り加工を可能にしました。
また、6枚刃仕様のエンドミルの切れ刃のバラツキをできる限り小さくすることで高精度な加工を長時間維持することが可能になりました。高精度な加工を高能率に、かつ長時間行える「EPHB-PN」を是非お試しください。

2.特長

  1. 6枚刃仕様のボールエンドミルです。外周付近の6枚の切れ刃を使うことで、送り速度20m/min以上の仕上げ加工が実現できます。
  2. 6枚の切れ刃ごとの振れバラツキをできる限り小さくしているので、刃毎の切削抵抗のバラツキも小さく抑えられます。そのため各刃の摩耗も均一に進行するので高精度な加工が長時間維持できます。
  3. 一般的なボールエンドミルより剛性が高い工具設計です。加えて仕上げ加工に適したポジ刃形を採用しています。
  4. 母材との密着性に優れ、耐熱性の高い「PN」コーティングの採用により長寿命です。
    そのため、削り残り量のバラツキを更に抑えることができます。

3.用途

ダイカスト・樹脂・プレスなどの大型金型の高能率仕上げ加工

4.仕様

EPHB-PN:(φ6~φ12)  全4アイテム ※別紙参照

5.価格(税抜)

EPHB-PN:(φ6~φ12) 17,600~38,200円(消費税別)

6.発売日

2017年 9月 20日

お問合わせ先

三菱日立ツール株式会社 営業企画部
(03)6890-5102

ラインナップ