2017年 3月21日
このたび弊社では新たに開発したSR加工用超硬ドリル「WHSR形」を発売致します。
【 写真 】 SR加工用超硬ドリル「WHSR形」

金型の冷却穴における応力腐食割れを抑制する
SR加工用超硬ドリル「WHSR形」

1.開発の主旨

金型の寿命を決定する要因の1つである冷却穴の応力腐食割れは、ドリルの先端形状に沿った形の穴底(角立ち)や穴壁面の加工傷を起点として発生します。
この対策の1つとして、Rガンドリルや先端をR形状に追加工したハイスドリルで穴底をR形状にすること(SR加工)が挙げられますが、これらの工具は切削能率が低く、工具寿命が短いことが問題となっています。
これらの問題解消を目的として、新開発したSR加工用ドリル「WHSR形」を発売します。本工具は冷却穴の穴底および穴壁の仕上げ加工に特化したもので、金型寿命を向上させるSR加工の高能率・長寿命化を実現します。

2.特長

  1. 切れ味と強度を両立した刃形を採用し、加工傷や加工面のうねりを低減しつつ、工具の欠損も抑制します。
  2. 高剛性溝形状とダブルマージン形状を採用し、加工中のビビリを抑制します。
  3. オイルホールと専用シンニングを採用し、切りくずの排出を向上させ、穴壁の面粗さが向上します。
  4. 高硬度超微粒超硬とATHコートを採用し、焼入れ前~後まで幅広い鋼材で使用できます。

3.用途

ダイカスト型・プラ型の冷却穴のSR加工(穴底R加工)や穴壁面の仕上げ加工

4.仕様

穴深さ8D、20D、30D×工具径各14サイズ(φ3~φ12)   全42アイテム

5.価格(税抜)

¥20,500~¥123,000(消費税別)

6.発売日

2017年 3月21日

お問合わせ先

三菱日立ツール株式会社 営業企画部
(03)6890-5102