2017年 3月21日
このたび弊社では高能率仕上げ加工用刃先交換式異形工具シリーズ「GP1T形」を発売致します。
【 写真 】 高能率仕上げ加工用刃先交換式異形工具シリーズ 「GP1T形」

高能率仕上げ加工用刃先交換式異形工具シリーズ
GP1T形

1.開発の主旨

加工効率の向上と加工面品位の向上の両立は実現しがたい大きな課題でした。たとえば、加工能率を上げるためには送り速度をアップさせることが有効です。しかし、加工形状が複雑になると機械の送り速度が追従せずに思ったより加工能率が向上できない場合もあります。
しかし加工ピッチを大きくとれるバレル工具/GP1T形では、送り速度に影響されることなく加工能率を向上させることができます。また、従来工具と同じピッチの条件でGP1T形を用い加工すると加工面品質の更なる向上が可能になります。
近年バレル工具を5軸で制御できるCAMソフトウエアが増えてきたことにより、「加工時間を短縮するか?」「加工面品位をさらに改善するか?」といった仕上げ加工の要求に合わせた新たな加工提案ができるようになりました。
また、GP1T形は工具半径より大きなバレルR刃と先端R刃を併せ持つことにより隅部とその隣接面を工具交換なしで加工することが可能になり加工段差を抑えることができるようになりました。

2.特長

  1. バレルRをテーパー状にして先端部をボール形状としたことで2種類の切れ刃が1つの工具で使用可能になりました。
  2. 2種類の切れ刃を工具交換無しで使用することができるので、工具交換による加工段差が出にくくなりました。
  3. 現在発売されているアルファボールプレシジョンF「ABPF形」のホルダに取り付け可能なので加工用途に応じ、鋼/超硬シャンクタイプのホルダでも使用することができます。
  4. 新開発の「TH3」「PN2」コーティングの採用により従来品に比べ長寿命になりました。

3.用途

5軸加工による金型仕上げ加工全般

4.仕様

モジュラータイプホルダ φ12~φ30
全5アイテム
インサート
全10アイテム

5.価格(税抜)

モジュラータイプホルダ(φ12~φ30)
18,800 ~ 38,500円(消費税別)
インサート
9,930 ~ 14,800円(消費税別)

6.発売日

2017年 3月21日

お問合わせ先

三菱日立ツール株式会社 営業企画部
(03)6890-5102