本文へジャンプ

三菱マテリアルグループは創業以来、総合素材メーカーとして社会に不可欠な基礎素材を供給するとともに、環境負荷の低減や循環型社会システムの構築を目指すなど、豊かな社会をつくるために不断の努力を通じて、事業活動を行なって参りました。

三菱マテリアルグループでは、こうした事業活動をより積極的かつ統一的に実践するため、グループのあるべき姿として「私たちが目指すもの」という企業理念をまとめ、この企業理念を具現化するために「私たちの行動指針10章」を定め、これを事業活動の根幹として参りました。

いまさら申すまでもなく、この企業理念「私たちが目指すもの」は、様々な事業活動を通じた企業の発展はもとより、社会との共生を図るため、会社が、また社員一人ひとりが、いかに真摯に、誠実に社会貢献していくべきかを明確にしたものであり、私はこの企業理念の日々の実践こそが、私たちが取り組むべきCSRの原点そのものであると考えております。

私は、今一度この原点に立ち帰り、株主、社員、顧客、地域社会、サプライヤー、その他多数の関係先を含むステークホルダーから信頼の得られる事業活動を行なっていくために、今何が私たちに求められているかを探求し、実施されているもの、実施されていないものを把握することから始めていきたいと思います。

こうした取り組みをステークホルダーとのコミュニケーションを通じて着実に実践していくことで、私たちに課せられた社会的責任を果たし、全社員が一丸となって企業価値を高めていくことにつなげて行きたいと考えております。

これと同時に、私たちは社会に対し、適宜適切に必要な情報を開示していくことにより、三菱マテリアルグループがより透明で開かれた企業集団であるということを内外に示していく所存であります。

これを以って、私は、豊かな社会づくりに貢献してきたこれまでの事業活動が、引き続き社会に貢献していけるよう、三菱マテリアルグループの総力を挙げてCSR活動に取り組むことを宣言するものであります。